未公開物件のポイント

 インターネットで物件を探していると、「新着物件!」とうたっている分譲地の情報なのに、角地などの人気の区画がすでに売却済みになっている、というような経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 よく、「インターネットに掲載されている物件は売れ残り」なんて言葉を耳にしますが、実はその通りなのです。条件の良い物件は、インターネットに掲載される前に水面下で取引をされ、市場に出回る前に売れてしまうのです。では、そういったいわゆる「未公開物件」は、なぜ普通に公開されないのでしょう?

「未公開物件」は、どうして「未公開」なの?

 市場には、大きく分けて「公開物件」と「未公開物件」の2つが存在しています。一般に「公開物件」というのは、お客さまご自身がインターネットや住宅情報誌、チラシなどで目に触れることのできる物件情報のことです。実は、市場に出回っている95%もの物件は、どの不動産会社でも取り扱うことができるのです。
対する「未公開物件」は、それぞれの不動産会社が独自に取り扱っており、インターネットやチラシに掲載をしない(できない)物件のことを指します。
なぜ掲載しないのかというと、
  • 企画段階が未確定の情報である
  • 権利関係が移動していない
  • 所有者が居住中につき、案内が難しい
・・・など、様々な理由が考えられます。
しかし、共通して言えることは、「市場に出回っていない、希少価値の高い物件である」ということです。冒頭で述べた、「初めて目にする物件なのに、済マークの押されている物件」は、当初未公開物件として水面下で取り扱われ、売れ残った物件が初めて市場に公開されているといったケースも多いのです。
 都内においては、特にこの未公開物件情報が多く、弊社は他社の3倍未公開物件を所有しています。そこには未公開物件がたくさん集まってくる理由があります。

どうしてたくさんの未公開物件を取り扱えるの?

 当サイトでは、デベロッパーより依頼を受け、毎日数十件の物件コンサルティングを行っています。土地の分割や値付け、暮らしやすい間取りの相談など、他社から企画コンサルタント業務を依頼されることが多いため、その結果として、「いつ」、「どのような物件」が、「いくらぐらい」で販売されるのかという情報を早い段階で得ることができます。
 そういった「企画段階」から物件情報を取り扱うことによって、お客さまにとって最適な条件を売主さんに交渉することが可能となります。まとまった土地が出たときに、お客さまのご要望に合わせて「どのように分割するか」「どんな家が建てられるか」などを交渉し、ピッタリな物件をいち早くご紹介することが可能となります。
 さらに、土地のご紹介をさせていただく際に、ご希望の完成イメージ、建物の金額等のご希望も合わせてお伺いさせていただき、信頼できる建築家・工務店をご紹介も行っておりますので、土地決定の際に建物完成というゴールまで見据えた、計画をご提案させていただくことが可能です
 これまでインターネットで探していて、なかなかご希望に合う物件に出会えなかったという方こそ、水面下で動いている未公開物件情報をご検討してみてください。

当社で土地を購入いただいたお客様の「60%以上」が、市場に出回っていない「未公開物件でのご契約」でした。

 場所によっての違いは多少ありますが、販売する側が販売計画を考える際には、一般的に受け入れられやすい大きさに分割して販売したいと考えます。逆をいうと、一般的に求められる大きさよりも、少し小さいものが欲しいとか、もう少し大きめの物件が希望の場合、そういった物件が市場に出てくる確率は、低くなってしまいます。
 しかし、水面下で取引きされるような早い段階の物件においては、まだ、販売企画が固まる前ということもあり、土地の大きさを交渉することが可能なケースも多くあります。前述のとおり当社では、土地の分割方法や値付け、暮らしやすい間取りについての相談をデベロッパーより毎日数十件受けておりますので、そういった市場に出る前の情報をいち早く手に入れることができます。
 そうして得られた、条件の良い未公開の物件情報をお客さまのご要望に応じて、土地の大きさや価格を合わせて交渉することが可能ですので、当社にお問い合わせされるお客様の60%以上は、市場に出回っていない早い段階の物件情報、いわゆる未公開物件情報を購入されています。
これまでインターネットで探していて、なかなかご希望に合う物件に出会えなかったという方こそ、水面下で動いている未公開物件情報をご検討してみてください。

当社でご購入いただいたお客様の声

ページトップへ