住まいタイプ診断

家づくりのパートナー選び

家づくりのパートナーは、いつ頃決めるべきかということですが、一般的には、土地が見つかってから建築家や工務店ハウスメーカーを選定することが多いように思いわれます。私はこの段階でのパートナー探しは、とても危険だと思います。

家づくりのパートナー選び住めば都で、どんな家でもOKというならば、土地が見つかってから、パートナーを選定するでも構いません。しかし、建売住宅ではなく、建築家や工務店に家づくりをお願いしたいと思っている人のほとんどは、ある程度のこだわりの間取りや仕様の希望のをお持ちのはずです。

しかも、家づくりについての予算も限られています。その場合に、土地購入を優先させ、その後に工務店などに打ち合わせに行くと、思ったプランが入らない、建築コストが思った以上にかかってしまい、不本意ながら、妥協した家づくりになってしまうことになる訳です。

また、中古住宅(マンションも含む)を購入してリノベーションを考える場合においても、2DKの間取りを1LDKに変更しようと思って購入したのに、壁が構造壁になっていて間仕切りが抜けずイメージと違うものになってしまった・・・いう事案もあります。

家づくりのパートナー選びなぜこのようなことが起こるかというと、一般的な不動産会社は、不動産のプロではあるけれども、建築のプロではないからです。建築の知識は、構造面によっても異なりますし、あらゆる法規制や緩和規定などにより提案が大きく異なります。建築を専門とする建築家においても、1つの土地を題材にプランニングさせても十人十色のプランが上がってくるぐらいです。
よって、不動産会社に建築のことを相談しても、残念ながら満足できる回答が得られないのが現状です。土地を購入した後に、希望のプランが入らなかったり、思ったよりコストが掛ったことを不動産会社に文句を言ったとしても、「うち(当社)は土地を売っただけだから、そんなの知りませんよ。建物建てるのはあなた(お客様)でしょ。」と言われてしまいます。

また、工務店に文句を言ったとしても「そんなの・・法規制だからしょうがないでしょ!」とか「建築するのにこのコストが掛るのはしょうがない、このお金がないと建築できませんよ~!」となってしまうわけです。
施主さんは板挟み・・・・こんなことがいつも起こってしまうのです。

この問題は、土地を購入する人(仲介会社)と建物が建築する人(工務店)がまったく違う位置に存在しているから起こってしまうのです。

本来なら、土地や中古住宅の購入から建築・リノベーションまで、トータルプロデュースできる人や会社があればいいのですが、その存在自体が少ない現状としては、お客様自身がある程度の知識やリスクを持ちながら進めていくしかありません。

このリスクやストレスを少なくするためには、土地・中古住宅探しの前に、ある程度建築家や工務店、リフォーム会社さんに相談ができる体制を整えていくことが大切です。

そして、気に入った物件が見つかった場合には、その建築家や工務店さんなどに現地を見てもらい、予算内で収まりそうか、希望通りの間取りはプランできそうかの見解を教えてもらい、ほぼ想定内でできそうな段階を確認したうえで物件購入の契約にすすむことが重要です。

家づくりのパートナー選び当社、アドキャストでは、土地購入する場合に契約までには必ず、工務店に一緒に行ってもらい、要望プランと建築コストをある程度確認してもらったうえで契約するようにしています。
また、中古住宅の購入においても、リフォーム会社さんと契約前に打ち合わせし、構造的な問題やリフォームコストのイメージの摺合せをしてもらってから契約をしてもらうようにしています。
購入者にとっては、土地や中古住宅を購入したことがゴールではなく、その土地に建物を建築したり、その中古をリノベーションし、快適な生活をおくることがゴールのはずですよね。

あなたに合ったお住まいのタイプを診断します。自分の考えに近ければYes、違っていればNoをお選び下さい。

土地を買って、注文住宅を建てたい。

No yes
最初からもう一度診断する
ページトップへ