縦に抜ける空間

住宅のコンセプト

都心の住宅地で、開放感とプライバシーの確保という矛盾する2つを両立させるために、LDKのある2Fのバルコニーの壁を3F部分まで立ち上げ周囲からの視線を遮断し、自然の光を部屋に取り込むことが出来ました。
バルコニーから吹抜け上部の天窓、ペントハウスから届く西からの光、一日通して採光が取れる空間となっております。